なんでもないひとりごと。

ネガティヴ思考なADHDの、自分を見つめ直す為のブログです。

悪口の話

どうも、悪口を言うのが苦手(笑)なのなめです。聞くのも言うのも苦手です。

世の中には、会話の一種として悪口を大っぴらに言う人がいるじゃないですか。私、そういう人が苦手なんですよね。というか、単純に悪口を言う事が得意じゃないというか。悪い所なら直接言った方が良いと思うし、そうじゃないならわざわざ誰かに言う必要がないんじゃないかなと思ってしまうんですよね。

だからできるだけ真っ向から言う事があったりするのですが、その度に馬鹿にされたり、悪口の対象になったりしてしまうんですよね。いや、相手からしてみたらもしかしたら気に障るとか、伝わることを考えてなくて、コミュニケーションの一環なのかもしれませんけど。負の要素をコミュニケーションに使う理由はなんでしょうね。

だからといって自分が言わないといえば、言ってしまうこともあります。極力悪く言わないように気を付けていますけれど。少なくとも、心を許してない人に言う事はないかな。自他ともに認めるレベルでチョロいんですけど、本当のところまで心を開くのはかなり時間がかかる方です。関係があるかどうかはわかりませんが。というか、そもそも心を許している人間自体が少ないから必然的に言わないのかもしれませんね。

そもそも、悪口を言うほど嫌なら関わらなければいいんですよ。私はそうしてます。わざわざ興味も関心も寄せないし、抱かないようにしてます。嫌いなものにエネルギーを使うなんて勿体ないじゃないですか。悪いところも良いところもあって、悪口を言うけど一緒に居る、という関係ならまだわからなくもないんですけど、嫌いなのに一緒に居る人は本当に分からないです。

他人からの評価が気になるから、思ってもいないことを言ってしまう、というのもよくわかりません。変な相槌を打たないようにしてます。他人からどう見えてるのかが気になることは理解できますけど。実際私も結構気にします。まあ、どうでもいい人に悪く言われてもどうでもいいですけど。

前からこういうスタンスかと言われるとそうでもなく、昔の自分は他人に何か言われることが怖くて、気にして、空回りをして結局悪く言われる、みたいな人間でした。嫌いなクラスメイトがいて、その人について言ってしまうこともありました。高校までって、クラスに嫌いな人がいて極力近寄らないようにしてもやっぱり何かしらで関わらざるを得ないじゃないですか。今はそれがないから楽です。

空回るエネルギーが勿体ないなと思うんですよね。あとは自分の人生に大きく影響してこないなら気にする必要もないかなと思って。それに、私って「悪口を言われる側」なんですよ、多分。だから、悪口を言われるキツさとか辛さをある程度知っているから、自分はあまり言わないようにと心がけている節はあります。

私のこうした愚直さ、みたいなものを気に入ってくれる人もいるので、それはとてもありがたいことだなと思います。ずる賢く生きる方がきっと世の中を渡るのには楽で有効的なことはわかっているんですけど。これでも、子供の頃よりは真っすぐさを失ってしまった方なんですけど。中途半端なのかなあ。変なところで臆病が顔を出してしまうんですよね。

ちなみに、直接言われた悪口で一番インパクトが強いのは「ブス代表」ですかね。人づてに聞いたのは「抱けない」「いい子ぶりやがって」です。誰に言われたのか知りませんけど、別に抱かれたくないのでいいです。「ブス代表」は当時は本当に傷ついたんですけど、今思えば高校時代の自分は芋臭さ全開の喪女だったので、いやまあブスだよね…という感じです。今は少しはマシになったと信じたい。ブスなのは変わりませんけど。

容姿についての悪口は割と言われますが、まあ事実ですし。傷つくは傷つきますけど。容姿でしか見てこないような頭の悪い人から遠ざかることができるのはありがたいですよね。あ、これも悪口になるのでしょうか。

悪口は言わないようにしているのですが口は悪いので、つい乱暴な物言いが悪口と捉えられてしまうのは本意ではないので、口調改善を試みていたりはしています。ただ、独り言は自分全開なので、ものすごい口も柄も悪い。なんだかんだいって私も「真面目」の皮を被っているあたり、人のことを言えないかもしれません。

甘いものの話

どうも、この時間(午前三時過ぎ)にドーナツを頬張ってしまったのなめです。

最近、甘いものを摂取したい欲がすごい。もっというと、カロリーを求めているのかもしれない。ピザを食べたいのもその欲求の一部だったりするのかなあと思っています。

甘いものは人並みに食べるし好きなんですけど、甘ったるいものは苦手です。特に生クリームとか。なのでケーキなどは胸やけを起こすので、あまり食べないようにしています。

と言いつつも、無性に食べたくなることがあり、胸やけを起こしながらケーキを食べたりすることがあります。幸せなのは欲求が満たされた最初だけで、あとはただの苦行です。飲み物で流し込みながら食べるという。お金も無駄だし時間も無駄だしでいいことがない。

洋菓子よりも和菓子の方が好きなんですよね。餡子もみたらしも好きです。最近はたい焼きにもハマっていて、クリーム餡は固めの方が好みです。ちなみに粒あんこしあんも好きです。

甘いものを食べたいときは疲れている時、なんて言ったりしますよね。実際そうなのかもしれません。でも年がら年中疲れているから、ずっと甘いものが食べたいということになるのかもしれない。特に疲れている時、どちらかといえば身体的疲労が募った時に食べたくなります。糖分補給。究極的に言えば砂糖でも舐めておけばいいのかもしれない。

逆に好んで食べないものは、ケーキもそうですけど、パフェとか、あとはパンケーキ。パフェもパンケーキも生クリームがだいたいついてるじゃないですか。パンケーキなんて特に、「もうこれほとんど生クリームだよね?」みたいなトッピングのものも見かけますし。可愛いなあとか美味しそうだなあと思うには思うんですけど、実際に食べる時のことを考えると中々手を出せません。

ケーキも、イチゴのショートケーキとか、チョコクリームケーキとかは食べられません。タルトは辛うじていけます(油断して生クリームたっぷりだった時の絶望感)。昔はチーズケーキが好きだったんですけど、今は若干ダメになってしまいました。レアチーズケーキ?論外です。でもケーキのスポンジ部分は好きなので、市販のスポンジケーキを買ってそのまま食べたりとかしてみたいです。シフォンケーキも食べられるんですけど、あれも高確率で生クリームがトッピングされてるんですよねぇ…。

後は、意外(?)にも、溶けかけたバニラアイスも苦手です。溶けたらただのクリームジュース…甘ったるくてだめです。ドーナツもなぁ、フレンチクルーラーはダメなんですけど、オールドファッションとかポンデリングは好きです。チョコファッションが一番好き。

一時期バタークッキーにハマっていたんですけど、あれちょうどいい奴と甘ったるい奴で二分されるんですよね。甘ったるいクッキーを食べた時の絶望感たるや。個人的にはホットケーキミックスで作るクッキーは素朴で美味しいと思います。あとヤマザキビスケットのバタークッキー。グリコのショートブレッドもかなり美味しかったです。

一体なんの話だ。甘いものはほどほどに、美味しく食べられる範囲で食べたいですね。元を取りたいからという理由でスイーツブッフェで無理に胃袋に詰め込むとか、そういうことはせずに食べたいです。本当に。

説明することの話

やらなければいけないことが山積みで寝不足気味ののなめです、どうも。

自分の行動・言動や考えたことの理由を説明するのって、簡単に求められる割には難しいなと思います。「だってそうだから」というものでは済まされなくて、根拠や過程を表現することは、私はあまり得意ではないんですよね。ロジカルシンキングが得意じゃなくて、大体のことを感覚で理解するので。

…といいながらも、理由がわかるまで問い詰めたり、追求することがないわけじゃなくて。むしろ知りたいと思う方な気がします。理論的に組み立てなくても、具体的に説明してくれればそれでいいというか。仕事とかでなければ、の話ですけど。感情が入ってしまうのは当たり前のことなので、決められた範囲内の理由なんてものもあまりないかな、と思ってしまいます。

私、言語化が得意じゃなくて。説明すごい下手くそなんですよ。文章だと考えて打つからある程度は大丈夫(だと思っている)なんですけど、口頭での説明が本当に苦手なんです。思ったことを頭の中で整理して、順序立てて、理路整然と、ということがまず無理で。そうしなければいけない時には、一度文章に起こしてから考えるようにしています。とはいえ、話題があちこちに飛ぶのはもう仕方ないことだと思っている節はあります。読みづらかったらすみません。

まあ、なんでこんなことを書いているかというと、いわゆる「暗黙の了解」的なものを理解することができないからなんですけど。これって、「みんなわかってるよね?」と、まるで共通で理解しているようなものじゃないですか。だから、「なんでそうなのか」が表に出ないというか。理由が分からないのに強要されているものって怖いじゃないですか。しかも、説明を求めてもロクに相手にされないパターンの多いこと多いこと。ひとつ理由を説明してくれればそれでいいのに、「なんでわからないの!」と理不尽に怒られることが嫌でたまりません。なぜわからないのか、それはそもそも具体的な説明がされてないからです。

こういったわだかまりの解消には、やはり対話しかないと思っています。話すことで人は理解しあえるのだなと、先人を見て思いつつ。といっても、日本って、言葉にしてくれないじゃないですか。察してくれとか、わかるよねとか、空気を読むとか。理解力のない私にはとてもつらいです。言えば誤解を招くから言わない、じゃなくて、言わないと誤解を招くから言う、にしてほしい。だって想像するぶんには無限に想像できるじゃないですか。余計なことを考えるぐらいなら言われてスッキリしたいです。

そんな私は今日も今日とて言葉にするのが下手くそなんですけどね。人のことを言えない。察する察しないとか以前に人と会話しない。どの口が「対話が必要」なんていうのか。いや、これから頑張っていきたいんですよ、本当です。本当です…。

冬季うつの話

冬本番という感じがしてきました。指がかじかんでキーボードが上手く打てません。

冬と言えば何を連想しますか?イルミネーション、雪祭り、鍋、コタツ、みかん、年の瀬…色々あると思いますが、私的には「冬季うつ」が浮かびます。

冬季うつ、うつ気質な人にとってはなじみ深く、また警戒すべき相手ではないでしょうか。私ももれなく警戒しています。

普段から太陽を浴びない生活をしているせいか、夜が長いことに安心してしまう自分もいるのですが、身体的・精神的にはとてもよろしくない。関係あるのかはわかりませんが、冬ってセンチメンタルに浸りがちになるじゃないですか。そのせいかまた気持ちが暗い方へ行ってしまうんですよね。

北国だから冬は長いし、その分長い期間気分が沈む気がしています。もう勘違いで済ませられたらいいんですけどね、そういうわけにもいかないのです。平生からネガティブ思考な上に考えすぎてしまうきらいがあるので少しぐらいは能天気に生きられたらいいのになあと思ってしまいます。

ドライアイなので、冬の間は外を歩いているだけでも涙が出てくるんですよ。別に悲しくもないのに。で、涙が出てしまうせいで何故か悲しくなっていくんですよね。謎の相乗効果。

対策を練りたいんですけど、やはり日光を浴びるほかないんですかね。昼間の外出はあまり好きじゃないんですけど、背に腹は代えられないかなあ…。あまり日の当たる部屋ではないので、日光を浴びようとするとなると外に出るしかないんですよね。あと、まとめブログでみかけた「ブライトライト」というものに少し興味があります。けどあれって医療にも用いられてて結構いい値段するんですよね。ちょっと手が出せそうにはありません。

冬季うつと普段の抑うつが合わさって去年は本当に酷い目を見たので、しかも今年も酷いことになりそうな予感がバリバリあるので、気を引き締めたいところです。

まあ、あまり気にしすぎるのもよくないかなとも思っているんですけど。どうせ抑うつを抱えているならいつも通りだし、ずっと沈んでいるわけでもないですし、きっと。それに、長期休みに入ってしまえば学校という憂慮の対象が消えるので、少しはマシになるはず。まあ、今結構きついんですけど。やらなきゃいけないことが山積みで睡眠不足の日々です。早く安眠したい。

寝不足は大敵です。特に冬は布団との愛情を深める時期なので、なおさら。短時間睡眠でもギリギリなんとかなっている自分を褒めると同時に、なぜ早く手を付けなかったのかと責める気持ちがあります。もうそういう人間だってことはわかりきってるんですけどね。

冬は嫌いじゃないですけど、やっぱり寒いことがネックですね。前向きになれるような冬はいつになったら来てくれるのか…。

ちょっとした生活グッズの話

はてなブログの今のお題が「ピザが食べたい」らしいです。タイムリーにピザにはまりつつある私にドンピシャすぎるけれど、書くことはないのでエントリーはしません。

まあ、そんなことはおいといて。先日、知人が財布を落としたという話を聞いて、「これは即刻速やかにGPS機能の付いたタグを買わねばいけない」と思いつき、最近今年二回目の鍵の紛失を経験したということもあって、購入しました。『Tile Mate』というやつです。私は電池交換式のものではなく、使い切りのものを購入しました。今思えば交換式を買えばよかったと思わなくもない。

http://amzn.asia/d/0eGi1fp amzn.asia

 

三個セットのを買いまして、一個は鍵につけました。あとの二つはどうしようか少し悩み中。財布につけてもいいかなあという気はしているのですが、ごちゃごちゃつけるのがあまり好きではないんですよね。そうも言ってられないかなあ。さすがに財布を落としてしまうのは危ないですしね。Bluetoothで、遠隔でも居場所が分かるのはありがたいなと思います。スマホを落としてしまわないことが前提っぽい感じはありますが。

これで「落とし物防止グッズを買った」事に安心して、油断してしまわないよう気を付けたいです。いつの間にか落としているので。

一緒にカバーのようなものも買ったのですが、キーリングが二種類ついていて得をした気分になりました。Tileを三つ買ったのにカバーは一つしか買わなかったんですよ(お金の問題)。カバーを着けなくてもリングに通せばいいのは楽だなあと思います。

こう、生き抜くためにモノに頼ることは手段としては良いんだろうなあという風に思います。金をかけて生き抜いていく。実質的に自分への投資ですよね。自分が変わらなくても、使えるものは何でも使っていけばいいし。変わりたいけど変わる速度が極端に遅いので、こうやって物を利用しながら、徐々に変わっていけたら良いなと思います。

もうひとつ、きになるものがあります。デジタル耳栓です。聴覚劣位なので、すぐ反応してしまうんですよね。今悩んでいるのは講義中の私語です。あれって、他の人は気にならなかったりするんですかね?私凄い気になるし、集中力をそぎ落とされるし苛々するし、いいことなにもない。あとは騒音も苦手です。車が通る音も無理。普段イヤホンを着けて街を歩いているのですが、それだと危ないかなあという気がしているので、ちょっと考え中です。

今検索したら黒いBluetoothイヤホンみたいなタイプも発売されてるんですね、知らなかった。ちょっと値が張りますが、邪魔にならなさそうという点ではいいですね。来年の自分の誕生日プレゼントにでもしようかなあ。

http://amzn.asia/d/hCeMRcY amzn.asia

 

物欲の塊なので、欲しいと思ってしまうと手に入るまで気が済まない部分があります。我慢強いとは何だったのか。あれはどちらかといえば対人や社会的な意味合いでの話で、食欲とか物欲とかには敗北してしまうんですよね。うーん、欲望に強い人間になりたい…。

疲れやすい話

やる気がはるか彼方へ飛んで行っています。帰ってこないかなあ。もうとにかく寝ていたい。

自分の性質上、締め切りが近くならないと腰を上げないくせに、締め切りが近くなるとやる気が全部なくなってしまうんですよね。というか恒常的にやる気がない。何もかも嫌になってしまいますね。

辛いことなら辞めるのが一番いい、逃げるのも正当な手段だと考えている割には、逃げることができないでいます。何故か人が足りないところに行きがちなんですよね。人数が多いのを避けてしまう弊害か。

いやもう、ひたすらにサボりたい。何もしたくない。ニートになりたい。けど親に迷惑かけたくないし、お金を稼げないのもどうかと思うし。仕事はあくまでお金を稼ぐ手段なわけで、生きる目的ではないんですよね。まあ、できるだけ自分が好きで、相性のいい仕事に就きたいとは考えていますが。

やる気が出ない一因として、疲れやすいせいもあるのかなと考えています。何をするにも疲れてしまう。体力がないとかそういうのもあるかもしれませんが、どちらかと言えば精神的疲労の方が大きいかも。重い荷物を持って運ぶことはできるけど、「重い、面倒くさい、遠い、嫌だ」みたいな。そう思う方が多い気がします。だからカロリー消費は控えめにして、あまり消費されないような生き方がしたいです。

ADHDは刺激に弱いというか鈍感で、だからわかりやすい刺激がないと気力がない、みたいな感じですけど。刺激=ストレスだと捉えているので(いい意味でも悪い意味でも)、刺激の多い生活は正直耐えられません。新しいことや興味を惹くような出来事はあっても良いなと思いますけど、心労に繋がるような刺激は要らないかなあ。

人との出会いって、それだけで刺激なんですよ。人との関わりもそう。それが私にはしんどくて、疲れてしまう。だから、ある程度慣れた人以外と関わりたくないんですよね。「脳みそが腐敗する」なんて言われましたし、実際そうなのかもなあとも思います。けど、刺激に疲れてしんどくなるのと、刺激をなくして腐らせるの、どっちの方がマシなんでしょうね。人それぞれだと思います。

別に刺激が全くないというわけではないんですけどね。自分が好きなものに対してはむしろ大歓迎です。ただ、好きなもの以外での刺激は極力ご遠慮願いたいだけです。普通の人だってそうなんじゃないかなあと思ったりするのですが、私が極端なだけですかね?

ワガママだといわれれば、そうだなと思います。甘えといわれれば、ちょっと悩んでしまいます。これが甘えなら、いっそ死んでしまった方がマシなのでは? 刺激がどうこう言ってますが、出来るだけ嫌なことは避けたい、って言ってるだけなんですけどね。嫌なことを避けるのが甘えだと捉えられてしまうなら、もうその捉え方が嫌なので、私はそんなことを言う人とは関わりたくありません。疲れるし。

SNS疲れの話

どうも、SNS疲れしまくってるのなめです。

インターネットはかれこれ10年以上利用しておりまして、Twitterもなんだかんだ高校ぐらいから使っていた記憶があるのですが、もう、疲れてしまいました。

昔はいわゆるツイ廃というやつで、TL監視、秒ふぁぼは当たり前でTLの流れは爆速という感じでした。なんであんなにはまっていたのだろうと考えると、刺激的だったんですよね、きっと。「見知らぬ人」「趣味が同じ人」「絵の上手な人」「面白い人」「考えが違う人」エトセトラ、色んな人が目に見えるところで色んなことを発信している。そのことの面白さ、というか刺激に脳内麻薬がドバドバ出たからハマっていたんじゃないかなあと思っています。

メイン垢というのも一応持っているんですけど、かれこれ4回ぐらいアカウント変更しているんですよね。ジャンルや用途によってアカウント分けをしたいという欲求の結果、現在10アカウントを所持しています。実際使ってるのは4つほどですが。もう垢消ししたいんですけどねー、たまに覗くときがあるので中々削除できずにいます。飽き性なのがここに出てくる。

のなめななし、という名義のアカウントは、ひとつの愚痴垢のつもりで作ったものです。少しでも見知った人がTLにいる中で愚痴を言うのは心苦しいというか、こんな負の側面を見せるのは嫌だなと思ったので、完全隔離するつもりで作りました。でもTLに何も流れないのは寂しいと思ったので、ニュース系の公式アカウントをいくつかフォローしている状態です。正直最初は交流を断つ気満々だったので、誰かしらフォローしてくださった方にフォロバすることはなかったんですよね。今思えばしておけばよかったかもしれない。でも、やっぱり見知った人に愚痴を見られるのは嫌なので、今の状態で正解だったと思います。たまにTLに流れてくる程度でいいです。

なぜSNS疲れをしたかというと、まあ隣の芝生は青く見えるというやつですかね。あと色んな考えが飽和しすぎてて、情報の取捨選択とか、あとは言論統制じみたものとか、そういうのに嫌気がさしてしまった、というところです。アカウントをたくさんつくった結果、視野が広くなって、嫌なものまで見えるようになってしまって。そういうところじゃないかなあ。私には向いていないな、とつくづく実感しました。

半分匿名、半分実名、というか。隠せてない人もいるじゃないですか。「リア垢」というやつです。平気で自撮りを載せたり、個人情報を載せたり。鍵垢ならいざ知らず、公開垢で。ネットリテラシーというものを学んできてほしいです。というか義務教育でちゃんと学ばせないとだめですよね。ネットが発達してきた今、猶更。

あとは、ちょっと言い方が古いかもしれませんが、ネチケットというやつ。親しき中にも礼儀あり、なら親しくない人にはより礼儀をもって接しなければならないはずなんですよ。そういう部分の意識が欠けている人が増えたような気がします。そういうのを見るのも嫌で仕方がありません。相手の顔が見えないせいなのか、それともリアルの延長上だと捉えているからなのか、理由はわかりかねますが。

大学卒業を機に、利用しているアカウント以外は全て削除する気でいます。リアル用のも消したいなあ。多分消えても困らないし。

本当はLINEも使いたくないんですけど、今の連絡手段ってLINEが多いじゃないですか。だから使わざるを得なくって。まあ私は連絡手段以外で使うことはほとんどないんですけど…。

のめり込まずにほどほどの距離で使えることが一番かなと思います。私は文字の表現とかに振り回されやすいので、本当に気を付けたいですね。