なんでもないひとりごと。

ネガティヴ思考な人間の、自分を見つめ直す為のブログです。

面倒なことは嫌いです

私たちが生きてる世界は、たくさんの「面倒事」に溢れています。人はみんな、そんな面倒事から逃げたり、立ち向かったり、受け入れたりしながら日々を生きているんだと思います。私はというと、高校時代の口癖が「面倒くさい」だったほどの面倒くさがり屋でした。というか、今現在進行形で面倒くさがりです。朝、早起きするのが面倒くさい、学校の宿題をするのが面倒くさい、勉強するのが、運動するのが、会話が、人間関係が。どんどん「面倒くさい」気持ちが積み重なっていって、行きついた先はうつ状態でしたが。生きることが面倒で、でも死ぬのも面倒で、何もかもが面倒くさくて、ただ布団の上でゴロゴロして、夜になったらシャワーを浴びて寝る、そんな生活を繰り返したこともありました。本当に面倒くさがりならシャワーすら浴びないのかもしれないんですが、ちょっと潔癖の気があるので、体を綺麗にすることは最低限、欠かさずしていました。それでも、人間らしさなんて微塵もなかった。今も、充実している人からしてみたら人間らしくはないのかもしれないんですけど。

性格というものは簡単に変わるものではないのですが、今は「面倒くせ~」と言いながら実行してる感じです(前もそうだったけど)。ここ一、二年で気づいたんですが、私って結構M気質らしく、自分を責めながら日々生きているので、面倒事も案外苦になってないのかもしれない。いや、そんなことはないか…。ただ、今でも面倒で仕方がないことがあります。それは、人間関係です。深く狭くを信条にして生きてはいるのですが、やっぱり社会を生きる上で最低限の浅い付き合いもしなければならないということなんですよね。前にも書きましたが、キャパシティが少ないのにエネルギー消費が大きい人間なので、あんまり知り合いを増やしたくない。というか、顔を覚えるのは割と得意なんですが、名前が覚えられない。文字で見れば覚えられるんですけどね。少なからず一人の時間が欲しい、というよりは、たまには誰かと会って話したり遊んだりしたいなあと思うぐらいで、基本は一人が好きです。一人だと面倒なことがぐんと減るので。中学時代に「面倒だから」と遊ぶのを断ったこともあります。我ながらクズなのでは…。面倒事が嫌いな割に、人からの視線や感情に敏感だったり気にしたりするところが、まあなんとも突き抜けきれてないというか。

人の感情の波って難しいですよね。自分ですらコントロールしたり予測したりするのが難しい時があるのに、他人のそれを考慮しろなんて到底難しすぎる。それを面倒だと思っても仕方ないんじゃないですかね、と言ってみる。それをあからさまに表に出すことはしないようにしてます。まあ、基本不愛想で「何考えてるかわからない」と言われたりするので、あまり心配はしていませんが。

今私が直面している「面倒事」はレポート課題です。締め切りが近い。そして多い。手つかずのままのも多い。何日徹夜する気なんですかね私。単位だけは落とさないようにしたいです。本当に。

さー、がんばるぞー。

これは果たして恋愛なのか

今、私には好きな人がいます。その人のことを好きだと自覚してからかれこれ半年以上が経ちました。関係は至ってシンプルで、職場の先輩後輩。それ以上でもそれ以下でもない。電話番号を交換して、事務的なSMSのやり取りを月一ペースでするぐらいの、本当に何の進展もないような関係です。なんで好きになったんだろうな、と考えてしまうことが増えたのですが、理由は多分あんまりないんだろうなと思います。人間としても好きだし、先輩として尊敬している。その延長上で、恋愛感情があるような感じなんです。

バイト先の人に、好きな人が出来るとソワソワしたり浮かれたりと、分かりやすい人がいます。誰の目から見ても「恋してるんだなあ」と思ってしまうぐらいにはわかりやすい。でも、私にはそれはない。人前でソワソワしたり浮かれたり、好きになりたての頃はあったんですけど、今はもう普通です。たまに思い出したかのように『好き』が溢れたりしますけど、それぐらいですかね。

以前から言っていますが、私は恋人は要らない、作らないと決めています。だから、この恋は、とても不毛な恋です。実らせる気のない恋です。たとえ両想いだったとしても、私はきっと、付き合うという選択肢は取らないと思います。だからせめて、相手には幸せになってほしいと、心から思っています。少しでも幸せになってほしいから、その手助けが出来たらいいと、思っています。

それとは別に、諦めたいと、諦めた方が良いと、何度も思いました。どう考えても見込みがないし、それに、半年も想ってるということは、半分意地になってるに違いないと、そして恋愛をすること自体が私には無駄だと、言い聞かせようとしました。でも、実際会って話して、一緒の時間を過ごすと、やっぱり好きなんだなと思ってしまいます。一緒に居ると安心して、落ち着けて、自分らしくいられる。でもきっとこの先も、関係は進まないまま。先輩と後輩の関係でしかないし、プライベートで会うことはないだろうし、好きだと伝えることもない。きっと時間が解決してくれるだろうと変に高を括っている節はあります。きっと会わなければ、そのうちこの感情も消えてくれる。

それでも、好きなうちは、好きでいることを許してほしいと思ってしまいます。こんなこと本人に言えるわけがないので、勝手に許された気になっています。

この感情が、果たして恋愛感情なのか、敬愛なのか、それともまた別のものなのか判りかねていますが、精一杯、自分の『好き』に従いたいなと、今は思っています。

雑談

暇な時間のつぶし方というのが、ワンパターンになりつつある今日この頃です。スマホを開くか、寝るかの二択になっている気がする…。集中しようとしても頭の中が何か詰まっているような、思考がこれ以上入り込んでこない感覚がするんですよね。どこかに意識をやってしまったのか、それとも処理が上手くできないのか。ワーキングメモリが小さい自覚はあるのですが、消化が遅いことも問題な気がします。消化というか、思考のゴミ処理を上手くできていないというか。余計な事はいつまでも残るのに、大事なことは埋もれてしまったり入ってこなかったり。こういう思考の整理ができないから困ります。

スマホの他には本を読むようにしているのですが、以前よりも内容が頭に入って来づらくなっているような。昔は本の内容に没頭できたのですが、今は他の事が気になったりします。本に集中することに集中すれば行けるような気もするんですけどね。読書レポートの多いこと多いこと……。なんとか読み切りたいと思います。読書は嫌いではないのですが、ここ数年読書からは遠い生活だったので、読む力を失った気がします。

ぼーっとすることも好きなので、しようと思えば一日中何もせずに過ごせるのですが、今の時期はそんなことも言ってられないので、何かしらしようとしています。どうせ長期休みに入ればほとんど一日中ぼーっとしてますし。カメラもそろそろやりたいなあ。夏の晴れ間はカメラに映えてとても楽しいです。彩度が高いから綺麗に見えますし。カメラの知識はほぼ素人なので、計算された写真は撮れないのですが、それでも楽しく、被写体が少しでも綺麗に、私の思い描く姿で映るようにとしています。ただ出かける気力と機会に恵まれないので、そこをなんとかしたいなぁと思いつつ。

雑談

今日はただ思ったことをぐだぐだと書こうと思います。

考えがまとまらなくて少し困っています。これから、自分はどう生きていきたいのかとか、交友関係についてとか、恋愛についてとか。度々「生きるのが下手くそすぎる」と思いながら生きているのですが、本当に下手くそだなあと感じています。不器用なのは手先だけにしてほしかった。考えすぎる性格と、常識の足りなさと、総合的な生活能力の低さが混ざり合って酷いことになってます。どうしてこうなったの。はたから見ればさぞ苛々させてしまうのでしょうね。バイト先の人にも「ネガティヴすぎる」と言われてしまいました。おっしゃる通りです。自分でも嫌になるほどのネガティヴ思考は、「確実」を求めるせいなのかなと思ったりします。やりすぎな「かもしれない運転」みたいな。自己分析しすぎて最早訳が分からなくなってきた。過去を振り返ることを忘れてはならない、初心忘るべからずと自分に言い聞かせて今日まで生きてきましたが、たまには忘れてしまってもいいのかもしれない。先の事はわからないし、過去から未来は推測できても確実ではない。どうせわからないのなら、自分の肩の荷が下りるような思考に切り替えた方が絶対に良い。けど、それが出来ないから困ってるんですよね。

考えすぎる性格は、人付き合いにも少なからず影響していて、そのせいかどうしても一歩が踏み出せません。臆病になってしまって、自分からいけない。裏表がない性格だとは思うのですが、本当の意味で自分を曝け出すのは怖い。でも、誰か一人でもいいから、本当の私を知ってほしい。受け止めて、受け入れてくれる人がほしい。そんな人に出会える気はしませんが、もし、出会えたのなら、どれだけ救われるのでしょうか。「一人で生きていく」と思っているくせに、誰かを求めてしまう。私が欲しいのは恋人でも友人でもなく理解者なのだなと思います。理解してほしいという承認欲求が強いのかなあ。友人も、親友も、家族さえも、本当の私なんて知らないと思っていますし、私自身も私の把握していない「私」がいるんだなと思っています。だから「本当の私」なんてものは際限がないので、叶わない欲求であることはわかっているつもりなんですけどね。考えれば考えるほど難しい。

もう、精一杯生きることだけをしていたい。生きたいと思えるようになりたいなあ。

泣くことの話

最近、なんでもないのに泣く日々を送っています。Twitterでとある呟きを見た瞬間涙が止まらなくて、二時間ほど泣き続けたこともありました。理由はわからないけれど、涙が止め処なく溢れて、止めたくても止まらなくて、どうしようもなくなります。

元々涙もろくて、感動系の映画を見るとすぐ涙腺が壊れてボロボロ泣いてしまったり、悲しいことがあると(あるいは想像すると)涙が滲むことがよくあります。癇癪持ちではないと思っていますが、溜め込みやすい性格ではあるので爆発すると止まらなくなります。大体、悔しいとか、情けないとか、そういう感情に支配されて泣くことが多いかもしれません。

泣くことといえば、今でも思い出せる記憶があります。小学生の時に、私の机に誰かが糊を塗ったのです。よくある悪戯なのですが、私は何もしていないのに被害者になってしまい、しかも糊のべたついた感触が嫌いだったのもあり、目の前にいる男子が犯人だと思い、キレて泣いてしまいました。人違いだと発覚し、泣きながら「疑ってごめん」と謝った記憶があります。小学生の時の記憶をたどると、先生に噛みついたり(物理)、バカにされて必要以上にキレたり、友達の頭を思い切り叩いたり、暴力的な生徒でしたね。子供のころのこととはいえ、反省しています。もうちょっと遅く生まれていたら、親も動員しての問題に発展していたかもしれませんね。いや、本当に、やんちゃと言えばそれまでなのですが、暴力はよくないですよね。平生がどちらかといえば優等生風だったので、多少の奇行にも目をつぶってもらえたのかもしれません。中学時代までは本当に血の気の多い人間でした。

話が逸れましたが、今月に入ったあたりから、「ああ、いま私抑うつ状態なんだな」と思うことが多々ありまして。自覚できる段階なのでまだマシかなあと思わなくもないのですが、希死念慮が多くなってきて、どうしようかなあという状態です。自殺を試みようと思ったことはないのですが、包丁を見つめる度に、これで喉を切れば、あるいは心臓を突けば死ねるのかなとか、遺書のようなものを書いてみたり。希死念慮が少なからずあることは、母親以外に話したことはありません。涙が出るのは、自分の中に溜まっていったストレスとか、死にたい気持ちとかを外に出そうとしてるのかな、なんてちょっと思ってみたり。泣くことが出来るうちはまだマシだということは少なからず理解しているのですが、泣くことすらできなくなったらいよいよ危ない領域にまで踏み込んでいる証拠ですよね。

泣くことの延長上として、独身で生涯を終えるとしたら、何歳で死ぬのが良いのだろう、と考えてしまうことがあります。これだけで一つの記事にできそうなので、後日詳しく書きたいなと思ったり思わなかったり。孤独を選んだ故の寂しさの涙である可能性もあり得てきた。でも、どうせ死ぬなら、後悔しないでやりたいことをやって死にたいなと思います。今やりたいことは、旅行です。国内と、海外。それが果たせるまで、多分死なない。あと、親友の花嫁姿と子どもの顔を拝めるまでは死にたくない。

メンヘラという言葉を使うのはあまり好きではないのですが(多分意味合いが本来使われていたものと大きく変わったせいなのですが)、私もメンヘラなんだなあと思わずにはいられなくなりました。イメージの一人歩きって怖いですね。

『「発達障害」と言いたがる人たち』感想

長期休み中に読む本を探しに本屋へ足を運んだところ、とあるタイトルが目につきました。それが、香山リカ著『「発達障害」と言いたがる人たち』です(敬称略)。昨今増え続けている「大人の発達障害者」やいわゆる「グレーゾーン」の人たちについてなどを語った本です。正直、購入するかはとても悩んだのですが、新書でレビューなどが少なく(6月15日発売でした)、また自分にも少なからず関係があることだと思い、購入に踏み切りました。本著は「発達障害だと言って診断を求めてくる大人が増えた」ことを皮切りとして、発達障害と定型発達の境界線の曖昧さや、診断の難しさ、それを基にして起こる過剰診断などの問題、といったところに焦点を当てているので、正直言うと、発達障害ライフハック術や生活改善などの方法は一切ありません。「発達障害」についての問題提起をする本、という風に捉えたらいいと思います、多分。

二時間ほどで読み終えてしまったので、発達障害についての知識が多少ある人ならスイスイ読めるのではないでしょうかね。簡単な表現でわかりやすく読みやすく書かれているという印象でした。

www.amazon.co.jp

本はこちら。

以下、自分の主観モリモリの感想を書いていくので、もしよければお付き合いください。

続きを読む

カミングアウトについての話。

ここ一二か月、結構調子が良いです。薬のおかげというのも少なからずあると思うのですが、それによって自分の思考が明るい方に向かったというのも大きい気がしています。

さて、今回何を書こうかなあと悩んだんですが、カミングアウトについてちょっと話してみようかなとか、考えてみたり。多分また脱線するとは思うのですが。

家族が、私が最後に自分が発達障害だと打ち明けた相手なのですが、実は家族以外にもう一人、私が唯一話した他人がいます。中学時代からの友人で、今でもたまに遊んだり会ったりしてる、気の置けない友人です。友人に話したのは、一つ目の病院で発達障害だと告げられて、誰かに吐き出したくて仕方がなかった時期でした。その捌け口に利用してしまった事を、申し訳ないなと思っています。友人と二人でご飯を食べに行ったときに、ポツリと「私、発達障害なんだよね」と零してしまいました。それに対する反応は「そうだとは思わない」と言いつつも「そうだとしても、友人であることに変わりない」と、予想していて、また、望んでいた言葉でした。自分のことを吐き出した瞬間、相手の困惑が伝わってきて「言わなきゃよかった」と心の底から思いましたし、もう誰にも言わないと誓った瞬間でもありました。言っても変わらない、ということは理解していたつもりだったのですが、それでも、自分の中にあるモヤモヤを吐き出したかったし、隠しているような気持ちになって嫌になったのもありました。よく考えたら、誰にも隠し事の一つや二つあるものなんですけどね。それに、思っている以上に、普通の人って発達障害のことを知らないんですよね。当事者や興味のある人じゃないと調べないという、当たり前を失念していたことを思い出させてくれた瞬間でもありました。

たまに、発達障害であることを家族以外の誰かに言うべきか、と悩むような人を見ます。私も悩んで悩んで、結果たまらなくなって打ち明けてしまった。バイト先の人にも言おうか悩んだこともあります。今思えば、これは私が発達障害であることを受け入れられなくて、誰かに事実を背負わせる形で自分自身に言い聞かせようとしていた結果なのかなと。今は完全に受け入れ状態なので、自分だけで背負えるから、大丈夫なんですけどね。

「言ったところで自分が変わるわけじゃない」という意見もありますし、「予防線として言っても問題ないんじゃないか」という意見もあります。どちらの意見も、賛成も反対もあると思います。私も、思うところはあります。結果的に、「自分がどうしたいか、相手に言うことでどうなりたいか、どうなると思うか」を考えることが大切なのかなと思ったり。例えば、私は「隠し事をしているような罪悪感に耐えきれない」という名目上で、「自分一人で背負いきれない事実を相手に背負わせる」ということを友人にしてしまいました。これも、一つの手段だと思います。自分が信頼できる、事実を一緒に背負ってくれる人に打ち明けることで、気分が楽になったり、事実を少しでも受け入れやすくなったりすると思います。私なんかの意見を参考にする人がいるかどうかはわかりませんが、打ち明ける相手は選んだ方が良いと思います、本当に。月並みで申し訳ないのですが……。例え家族であろうと、理解してくれない人は理解してくれませんし。誰彼構わず言ってしまうことだけは止めた方が良いんじゃないかなと思います。思わぬ人が敵になったりしますしね。

ちなみに、それ以降友人には何も話さずに、一緒に遊んだりバカな話をして盛り上がったりしています。本当にありがたい。私と世間とを繋いでくれている数少ない要素の一つです。

おまけとして、今思い出した家族の反応を少しだけ書きます。

私が薬を飲むことを少なからず良く思っていないようで、「ずっと飲み続けないといけないの?」と聞かれたことがありました。薬が身体に及ぼす影響や依存性などを心配しての言葉でした。薬の効果を感じている旨を伝えると、不満そうではありましたが納得はしてくれたと思います。実際、ストラテラを飲んで少しずつ生活改善ができるようになっているので、止めた時が怖いとは思うのですが。最終的には、この効果を自分の力で発揮できるようにしていきたいです。それが出来たら苦労しないんですけどね!