なんでもないひとりごと。

ネガティヴ思考な人間の、自分を見つめ直す為のブログです。

これからのことを考える

発達障害だ、と知らされてからおよそ三週間が経とうとしています。本格的に向かい合おうと考えたのはここ数日のことですが、発達障害と知らされた時の、答えが見つかった安心感と、これからの生活をどうしようか、という悩みが一気にやってきた気がしています。発達障害だとなんとなく自覚し始めている時期、そんなこと露ほども考えなかった時期、発達障害だと宣告され、認めてしまっている今。生活の仕方も考え方も、違いなんてなくて、どんな状況だったとしてもそこにいる私はなにも変わっていません。でも、変えざるを得ないのかな、とも思ってしまいます。

とりあえず、今の私の目標は

・知能検査を受けてみる(もしくはセカンドオピニオンを視野に入れる)

・自分の知能の傾向や障害の詳細な症状を知り、これからの生活の対策を考える

・自立支援に申請する

・様々なことを確定させたうえで、知っていてほしいと思う人たちに話す

……このぐらいでしょうか。最悪最後の一個はしなくてもいいとは思っていますけど(私が発達障害だからといって関係性が変わるわけではない、はずなので)。知能検査は受けなくても良い、と言う人も結構いるのは耳にしているのですが、個人的には、自分がどういう部分で健常者と異なっているのかを詳細にしたいなと思っているのです。少なからずショックを受けるような展開ではあると思うのですが、それでも、自分の事を知りたいです。そもそも、精神科に足を運んだのも、元々は抑うつが原因でしたが、自分の事をよく知って見たかったから、というのもあったと思います。客観的に自分の事を見れる第三者に、自分の事を話して、分析してもらって、自分を知れる。そんな機会だと思ったのも確かでした。私は自分の性格も、長所も全く把握できていない。もし知能検査で私の特徴が知られるなら、それは私にとっては進歩の一つになります。私は私のために、自分が持っている障害と向き合いたいです。それから、これからは自分のためにお金を使うと決めたので、病院代も自分のため、と思うので出し惜しみをする気はあまりないです(あまりにも高額なら渋るかもですが)。恋人も、自分の家庭も、新しい友人も、いらなくて。私を支えてくれる大切な家族と、一緒にいて安心できる、大好きな友人と、そこにちょこんと居座っている自分さえいればいい。閉鎖的でいい。外に開いていくことの困難さは嫌というほど知っていて、やればやるほど空回ることも実証済みなので。ひとりでいい。ひとりがいい。たまに、どうしようもなく誰かを求めてしまうこともあるけれど、私はひとりで生きていきたいんです。親不孝なのもわかってる。両親が私に期待していない事も、でも私に生きていてほしいことも。

何度も言ってきたけれど、両親よりも先に死ぬつもりはさらさらない。兄弟よりは先に死ぬかもしれないけれど。私は、私の存在意義がなくなった時に、いなくなりたい。両親が死んだら、『娘』としての私の存在意義が消えてしまう。それに伴って、家族、兄弟、人の子、という存在意義もグラグラしてくるのかもしれない。私に最初に愛情を注いで、自立してからも気にかけてくれて、そんな恩を一生かけても返せないような人たちの存在が無くなった時に、私の存在意義も一つ消える。そんな風にして、私がこの世界にいる存在意義を見出せなくなったら、この世から消える予定でいます。それには、恋人とか、友達とか、新しいつながりはいらない。というか、作れないし。

話がだいぶそれたけれど、取りあえずの目標は、本当に発達障害か、という疑問を確証に変えていくことです。再来週の診断で言えるだろうか果たして……。