なんでもないひとりごと。

ネガティヴ思考な人間の、自分を見つめ直す為のブログです。

不器用な話。

ここ数日、精神的に良い日が続いています。調子が良い…。いつもは一日おきに気分が浮いたり沈んだりしていたのですが、今回は数日間、特に沈むことなく過ごせています。このまま調子が上がっていけばいいなと思うのですが、何気ないきっかけで一気に沈むことは目に見えているので、その準備をしつつ調子がいい時に出来ることをしたいなと思っています。

 

話は変わるのですが、私は超絶不器用です。手先もだし、性格的にも。なんとか克服したい!と思ってネットで検索してみたのですが、「ピアノ、キーボードのタイピング、折り紙」が例に挙げられていました。私は中学までピアノを習っていましたし、小学生時代からタイピングをやっています(ブラインドタッチが出来る程度ですが)。確かに折り紙は苦手で、鶴ぐらいしか折れませんが…。料理も良いらしいですが、私はそこそこやっていても全く上達する素振りを見せません。考えながら、イメージしながらやっているつもりでも、実際は全然うまくいかなくて、イメージから少しでも離れると慌ててしまうんですよね。それが問題なのかもしれません。

『不器用な人の特徴』みたいなサイトに書かれていたことは全て当てはまっていて、ぐうの音も出ませんでした。段取りを考えるのが苦手、自分に自信がない、感情表現が乏しい、決断したことについて悩んでしまう、要点を抑えるのが苦手なせいで丁寧にすべきところと大まかにすべきところを間違えてしまう、等々。想定外の事に弱かったりするのも特徴らしいですね。そしてこの不器用さは発達障害にも繋がっているようで、サイトにその文字を見た瞬間変な笑いを漏らしてしまいました。

前々からこの手先の不器用さを直したいと思っていたのですが、最近、バイトでもスキルが少しずつ上がっていくのにつれて、「この不器用さを何とかしなければ」と強く思うようになっていきました。私の不器用さは周知のところではあるのですが、それにしたって酷すぎるんですよね、本当に。よく今まで生きてこれたなと他人事のように思ってしまいます。とりあえず、「イメージして、そのイメージを持ちながら、作業をする」事をトレーニングしていこうかなと考え中です。難しいですが頑張ります…。