なんでもないひとりごと。

ネガティヴ思考な人間の、自分を見つめ直す為のブログです。

雑談

もし人間のパラメーターがRPG的に表示されるようなシステムであったのなら、精神(MP)が常に擦り切れ状態な気がします、野滑です。HPも決して高くないし、攻撃力、俊敏性、耐久力も低いですが、耐久力だけは装備品のお陰でバフがかかってる感じですかね。つらい。

 

まあ、冗談はさておき。今回は特にテーマはなく(いつものこと)、思ったことを連ねるだけのブログになりそうです。

私自身はどうしようもなくて、驚くほどのダメ人間なのですが、周りに恵まれている自信はあります。私の家族、親戚、友人、恩師、エトセトラ。私の周りには、一癖も二癖もある、けれど素敵で大好きな人たちがいます。以前かかっていた心療内科の先生曰く「周りの人に恵まれていると思うのは、あなた自身が素敵な人だからだよ」とのこと。嬉しすぎたので、一年以上経った今でも覚えている言葉です。類は友を呼ぶ現象。今でもそうは思えないのですが、本当に本当に嬉しかったのです。私が私であったお陰で、こんなに素敵な出会いが多くあるのかなと思うと、こんな私でも良いのかなと、少しは自分を認められる気がしました。

嫌な思いもたくさんしましたし、嫌いだった人たちもいましたが、その人たちとはよっぽどのことがない限りもう出会うことはないでしょうし、過去の事なので、今はもう本当にどうでもいいです。ただ、過去の出来事として思い出されてしまうことはありますが、そこはもう仕方ないので…。

自分が人に好かれるような人間ではないことは十分に自覚していますし、愛想もないし感情表現も乏しいので、きっとそこで私のことを理解できない人たちは私から離れていくのかなあと考えたり。全く自慢できることではないのですが。中学時代までは割と感情表現豊かだった記憶があるのですが、高校に入ってから「笑顔の練習」をするほど笑顔が下手で愛想がなかったんですよね。今でも笑顔は下手くそです。ツボが浅いので、笑うことは得意なんですけどね。

友人たちの評価は「義理を通す」「義に厚い」らしいです。信じた人を裏切らないようにはしているのですが、伝わっていることはなんだか嬉しいです。好きな人にはとことん尽くしますし、少しでも力になれたらいいと思っているので。そのぶん甘えがちになってしまうこともあるのですが、その一つとして、気を許すと口が悪くなるのを直したいなと今は思っています。最近はバイト先の人たちにも口の悪さが伝わってしまいそうなので、本当に気を付けたいです。

自分の愚直さを恨み続けた日々ですが、真っすぐであろうとした結果が今の人間関係を作っているのなら、寧ろ感謝するべきなのかもしれません。ただ、人を疑うことを覚えなかったことは本当に恨みます(軽い詐欺に引っかかったことが一度だけあったので …)。今では少しは疑うようになりましたが、それでも注意を払っていないとすぐに騙されてしまうので、もう直らない気がする…。